なぜ太陽光発電が期待されるのか?

エネルギー源が無限にあること

太陽光発電は半導体でできた2種類のパネルに太陽光を照射することで電気を発生させます。誤解されがちですが、太陽光の熱を利用したものではありませんので、暑い地方ほど発電効率が上がることはありません。もっとも適しているのは日照時間が長い地方です。日本では太平洋側や関東地方が日照時間が長い地域とされます。東北や日本海側でも太陽光発電は可能ですが、商業利用のレベルでは発電効率は低くなります。
発電をする方法には火力や原子力などがありますが、環境に悪影響を及ぼしたり、化石燃料を使用することなど様々な問題があります。太陽光発電はそのような問題が存在しないことから、世界的に導入が盛んになっています。技術力の向上により、パネルの性能は上がっていくでしょう。

遊休地を有効に利用する手段

太陽光発電では、パネルに角度を付けることでより発電効率が高まります。日本は山岳地帯が多い国であり、人口も都市部に集中していることから、太陽光発電を行うのに適した土地が多くあります。また、化石燃料の自給率はほぼゼロであり、輸入に頼らないエネルギーの開発が課題になっていました。
太陽光発電はこのような事情に適した発電方法と言えます。山岳地帯の土地は非常に安く売買されており、そこに大規模な太陽光発電設備を作ることで収益を出すことができます。個人が太陽光発電に投資を行うには、設備を設置することの他に、太陽光発電ファンドに投資する方法があります。ファンドの場合は元手がかからないことから、気軽に行うことができます。収支を正しく公開している信用できる会社を選びましょう。

© Copyright Power Generation. All Rights Reserved.