太陽光発電システムのデメリットはあるの?

太陽発電に適した屋根とは?

太陽光発電には発電効率がありますが、発電効率と言うのは太陽エネルギーを100とした場合にどれだけの電気を作り出せるのかの割合になります。
日本の住宅の屋根は複雑な形状をしているケースが多く、1つの住宅には色々な傾斜角度の屋根、太陽の向きなどが異なる屋根があります。
太陽光発電の発電効率は、屋根の傾斜角度が30度であり、南に向いている屋根の場合には100%になり、この条件が変わると発電効率が変わるなど、ソーラーパネルを設置する屋根の環境により発電量が変わると言った特徴を持ちます。
更に、太陽光発電は文字通り太陽エネルギーを利用しているので夜間は発電が出来ない、曇りや雨の時には発電量が低下すると言ったデメリットがあります。

太陽光発電設備は劣化を起こします

太陽光発電システムを導入すると家の中で利用出来る電気を作り出せる、余剰電力は電力会社に売電する事が出来ますが、太陽光発電システムと言うのは屋根の上に接するソーラーパネルが要となります。太陽の光により屋根の表面温度は夏場などでは80度を超えるとも言われており、耐久性が高いソーラーパネルでも損失が生じる、そして太陽熱や紫外線により設備の劣化が起きる事になります。
一度太陽光発電システムを導入すれば生涯使えるわけではなく、発電効率が下がった時には交換が必要になるなどの特徴もあります。
メンテナンスや設備機器の交換などにより費用がその都度必要になるため、トータルコストを考えて太陽光発電設備を導入する事がお勧めです。

© Copyright Power Generation. All Rights Reserved.