知っておきたい太陽光発電投資の仕組み

太陽光を利用した発電の原理をご紹介

太陽光発電は太陽光と言う再生可能エネルギーを活用した発電システムの総称です。再生可能と言うのは太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換出来る、別のエネルギーにする事を意味しているのです。
ソーラーパネルが太陽光を電気に変換する装置になりますが、ソーラーパネルに太陽光が照射されると、内部されている半導体の電子が動いて電気が起きると言ったメカニズムが太陽光発電の原理です。
CO2を排出しない、利用するエネルギーは太陽光になるので無料で使えるなど環境にも優しい発電システムであり、住宅に設置をした場合は余剰電力を買い取りして貰えるため電気代の節約にも繋がります。
太陽光発電投資の場合は、リスクが少ない投資として注目を集めています。

土地や設備を購入せずに投資が出来る?

太陽光発電投資を行う場合、ソーラーパネルを設置する場所や土地が必要です。
総出力量が10kwを超えるシステムにより、全量買い取りでの投資が可能になるのが特徴です。
ソーラーパネルの大きさにより異なりますが、総出力量を10kwにするために必要な台数は40~50台であり、住宅の屋根に設置する場合には、これだけのソーラーパネルを設置すれば自宅で全量買い取りが実現します。
しかし、屋根の上に設置が出来なければ土地を探さなければなりません。太陽光発電投資ファンドの場合は、出資をして投資を行う方法になるため、自ら土地を購入する必要もなければ、太陽光発電設備の導入も行わずに投資が可能になります。
全量買い取りの場合は20年間になるので、長期間にわたりリスクの少ない投資が出来る事からも投資ファンドへの注目が集まっています。

太陽光発電の増設では、より多くの発電量を確保できるようになるため、売電収入を増やせるというメリットがあります。

© Copyright Power Generation. All Rights Reserved.